肩書きなんて捨ててもいい

 

ほんの少しだけ分かったことがある。

それはまだ入り口にたどり着いただけなんだけど。

 

 

「肩書きなんて捨ててもいい」

 

私は「催眠術師・催眠心理療法士」という肩書で活動していますが、昨年からどうでもいいと思うようになりました。
スクールでも何度か受講生に言っていました。
なぜ?と自分に問いかけても、よく分かりませんでした。
催眠術が広まるにつれて面倒くさい世界になってきたので、関わりたくないのかな?ぐらいに思っていました。

 

 

自己啓発やセールス系のセミナーに参加すると、「自分自身が商品である」という話をよく聞きます。
その話に何となく分かるような感覚になるのですが、私の中では商品は催眠術であり催眠術スクールであると思っていました。

 

それが先日、ふいに「ああそうか!自分が商品なんだ!!」という思いが沸いてきました。
そして「肩書きを捨ててもいい」という気持ちに繋がっていたということが分かりました。
うまく表現できないのですが、これまでの枠から抜け出すことができ視野が変わったように感じます。

 

12年間も活動してきて、ようやく入口に立てたように思います。
遅すぎですよね(笑)

この気づきがどのように影響するのか分かりませんが、きっと根本的に何かが変わっていくのでしょう。
催眠術を通して人生を学べる。
本当に出会えてよかったと心から思います。

 

【催眠術師養成スクール日程】
 
ただいまキャンペーン中!!
   
【第26期】催眠術師養成スクール(3/10,3/11)   

【イベント・セミナー情報】    
2018年 3月10日(土)    最終回 1日で催眠術満喫セミナー
2018年 3月17日(土) 催眠療法士養成講座「基礎コース」

催眠術
http://mindcreate.com/
催眠心理療法
http://saiminsinri.com/

コメントを残す

このページの先頭へ