マインド・クリエイトが目指しているところ

自宅でも学べるWeb動画スクール 4月からスタート!
 

  
【第16期】催眠術師養成スクール(5/13、5/14)
 

 

マインド・クリエイトの催眠術師養成スクールは、長年の経験と実績をもとに独自に進化してきました。
始めた当初は、催眠術の習得を目指したスクールだったのですが、現在は、催眠術の枠を超えた催眠心理術を身に付けることを目指しています。
テレビで見るエンターテインメントの催眠術を習得することは過程であり、催眠術を自分の人生・生活、目指す方向性に生かしていくための「創造する力」を身に付けてもらいます。

その為にも、基礎コースで学ぶ催眠術の基礎を身に付けることはとても重要です。
2日間のカリキュラムで催眠術を習得することができます。
※実践練習は必要です

 

超本気の催眠術スクール

マインド・クリエイトは、学ぶことを目的としたスクールではありません。
催眠術の習得はもちろんのこと習得率・習得率にこだわっています。

そして、催眠術の枠を超え、日常に催眠術を生かせるようになる力を身に付ける催眠心理術を身に付けてもらいます。
目指しているのは日本一の催眠心理スクールです。

長年スクールを運営してきて、これらを高めていくめには何が重要か?
私の中で一つの答え出ています。

それは環境です。

もちろん、カリキュラムの内容も重要なのですが、それよりも重要なのが「環境」だったの
です。

●定期的に何度でも学べる環境
●実践練習ができる環境
●様々な視点から学べる環境
●色んな人と交流できる環境

どれだけ凄い技術やテクニックを教えたとしても、環境が整っていなければ、学ぶだけで終わってしまうこともあります。
言い方を変えれば、人は環境さえ整っていれば、自然に育っていくものです。
そんなことを長年の運営によって気づかされました。

 

催眠術を習得することの価値


催眠術は言葉だけで幻覚をも見せることができる技術である

 

催眠術はペンライトなどの道具を使うこともありますが、基本的に道具を一切使わずに掛けることができます。

一体このことをどれだけの人が知っているのでしょうか?
おそらく5%も知らないでしょう。
逆に言えば、ほんの僅かな人は知っていて、それを利用している人もいるのです。

催眠術を習得することの価値は、テレビで見る催眠術を掛けれるようになる、珍しい特技を身に付けることができる、だけではありません。
それはそれで楽しくて素晴らしいことなのですが、本当の価値は、言葉だけで幻覚を見せれることを知ることであり、その技術を身に付けることにあるのです。

催眠術を学んでいると、いかに世の中が催眠で溢れているか、にも気づくことができます。
ここでの催眠とは、魔法のような現象が起こる催眠術ではなく、もっと広い意味での催眠のことです。
私たちは日常で様々な刺激を受けて、気づかない内にいつの間にか動かされてしまっているのです。
しかし、気づくことができれば、それらの催眠から身を守ることができます。

 

催眠術という武器を身に付けるだけでなく、催眠から身を守る防具も手に入れることができるのです。

 

どのようにして催眠術を生かせるようになるのか?

 

 「三つ数えるとあなたは〇〇が欲しくなりますよ~」

 

このような誘導はあくまでエンターテインメントとしての催眠術であって、残念ながらそのまま日常で使えるわけではありません。
セールスマンだったとしてこのような誘導をしたら、きっとお客さんは怒ってしまい、出入り禁止になることでしょう(笑)

日常に生かすためには、さらに分解して使う必要があるのです。
また、催眠術を掛けるときのポイントを生かしていくのです。
マインド・クリエイトでは、催眠術の掛け方を「初級編」「中級編」「上級編」と三つの視点から学んでいきます。
「中級編」では、「基礎編」で学んだ掛け方を分解していきます。
催眠術は、大きく三つのポイントで掛けています。

●催眠状態を深める
●暗示を入れる
●催眠現象を起こす

それぞれのポイントで、より効果を高める技術やテクニックがあります。
ここで重要なのは、催眠現象を分けていることです。
ここでの催眠現象とは、テレビで見る魔法のような現象のことです。

●椅子から立てなくなる
●目の前の人が好きになる
●飲み物の味が変わる
●名前や数字を忘れる
●目の前に好きな芸能人が現れる

等など。
このような現象は、見る人が楽しめるようにエンターテインメントとして考えられたものになります。

 

では、日常で生かすためには催眠現象は必要なのか?

別に必要はないのです。
というよりも、あからさまな現象を起こせば、相手は「催眠術を掛けられている」と認識でき、抵抗が生まれやすくなります。
催眠術を日常で生かすためには、

●催眠状態を深める
●暗示を入れる

この二つのポイントが重要となります。
だからこそ、「催眠現象を起こす」を分けて考えておく必要があります。

 

この考え方と技術が身に付く頃には、催眠の本質を掴み始めて、自分なりの生かし方が見えてくることでしょう。

 

創造する力を身に付けて自由に生かす

催眠術を学ぶ目的は人それぞれです。
同じ内容を学んだとしても、生かし方は人によって違います。
マインド・クリエイトでは、自分が目指す方向性に生かすことが、本当に価値ある催眠術の学びだと考えています。

その為には、「創造する力」を身に付けることが必要です。

自分が目指す方向性に、どうすれば生かすことができるのか、どの技術を生かことができるのか、を自分で考えて、形を変えていく力を身に付けてもらいます。
マインド・クリエイトのスクール生・卒業生は、ほんと創造力が豊かです。
催眠術の学びを様々な分野で生かされています。

●スクール開催
●ショー催眠術師
●商材の作成・販売
●催眠療法
●セールス
●恋愛
●医療分野での活用
●スピリチュアルとの融合
●整体との融合
●気功との融合
●霊との融合

等など。
今後、明確に目指しているのは、様々なジャンルとの融合です。
催眠術は色んなジャンルとの相性がとてもよく、とても融合がしやすいものでもあります。
「〇〇催眠」というように、自分がやっている世界と催眠術を融合させ、新たなジャンルを切り開いていく人を育てていきたいと思っています。

 

進化しつづけ、あり続けるスクール

マインド・クリエイトは、今後も進化しつづけます。
スクール生全員に「マインド・クリエイト選んで本当に良かった!」と言ってもらえるよう活動していきます。

 

ある方の言葉が私の中にずっと残っています。
その方は、個人的にもお世話になっている某保険会社のトップセールスマンです。

「一番のサービスは良い商品を売ることよりもやり続けることである」

保険業界は入れ替わりが激しく、商品を契約しても担当者が変わることがよくあります。
熱心に進めてきたから契約したのに、担当がコロコロ変わる。
そうすると、何か起こったときのことを考えたら不安になりますよね。
繋がり続けることによって安心感を与えることができます。
実際、その方は今でもやり続けていますし、保険以外で何か困ったことがあれば相談に乗ってくれます。

 

学んだスクールが無くなる。
なんだかとても寂しいですよね。

10年後、20年後もあり続ける。
マインド・クリエイトは目指しています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ