結果を出せない人に共通すること

以前、「結果を出す人に共通すること」では大反響を頂きました。
「シンプルでありながら本質をついている」との感想も頂きました。

「結果を出す人に共通すること」の記事はこちら
 

今回はそれとは逆の「結果を出せない人に共通すること」をお話します。
結果を出せない人にも共通するポイントがあります。

 

まずは「結果を出せる人に共通すること」と同じポイントが当てはまります。

●決断できない人、決断が遅い人
●行動が遅い人、考えずにやみくもに行動する人
●継続できない人、すぐに諦めてしまう人

決断したにも関わらず、そこから考えてしまい行動するまでに時間がかかる人も、結果を出せない人の傾向としてあります。
そういう人は、「決断したら即行動」を意識すると結果は変わりやすくなります。

 

●すぐの結果を求める

何事もすぐに結果が出たらいいですよね。
しかし、物事には「すぐに結果が出やすいもの」と「時間をかけて結果が出るもの」があります。
その見極めをせずに、すぐの結果を求める人がいます。
そういう人は、色んなやり方に手を出してしまう傾向にあります。

例えばお金儲けであれば、たくさんの情報商材を買ってしまいます。
結果を出せる人は、たくさんの情報であっても、その中で重要な内容や本質的な部分を見極める力がありますが、結果を出せない人は、たくさんの情報で余計に混乱してしまい、お金儲けの本質を掴めずに諦めてしまいます。
そういう人は、まずは一つの情報商材で、じっくりと取り組むことをお勧めします。
ある程度結果が出るようになってベースを作ってから、色んなやり方を取り入れた方が、結局は早く結果が出ることでしょう。

前回、結果を出す人は「やめる」決断が早いと書きましたが、それは見極めをしているからです。
結果を出せない人はその見極めをせずに、すぐに結果が出ないからと諦めているのです。

 

●ブレやすい

結果を出せない人は、すぐにブレる傾向があります。
やると決断して結果を出すために決めた行動があるのに、心変わりして違う行動をしてしまいます。
感情で動かされやすいとも言えます。

一旦やると決めたのなら、まずはその行動を続けましょう。
続けていれば、求めていた結果でなくても、何らかの結果や成果は出るはずです。
そうすると、行動を変えた方がよいと気づくこともありますし、方向性を変えるべき時もあります。
これはブレることとは違います。
何も得ていないのに変えてしまうことを「ブレる」というのです。

 

 

どの世界においても才能や能力で結果を出す人がいますが、それはほんの一握りの人だけです。
ほとんどの人は、シンプルなことをやっているかどうかで結果が「出る」「出ない」が変わるのです。
それに気づいたら変えていけばいいだけです。

 

 

超短期で催眠術を習得したい方にお勧め!
スパルタ催眠術合宿【琵琶湖】 11月18日、19日開催

【催眠術師養成スクール日程】
 
ただいまキャンペーン中!!
   
【第22期】催眠術師養成スクール(11/11,11/12)   

【イベント・セミナー情報】    
2017年11月11日(土) 第76回 1日で催眠術満喫セミナー
2017年12月16日(土) 心理の館【開催記念無料】

催眠術
http://mindcreate.com/
催眠心理療法
http://saiminsinri.com/

コメントを残す

このページの先頭へ