新マニュアルできました!「成功率を上げる属性による催眠誘導対処法」

催眠術を教えることで「自分自身も学んでいる」と常々思います。
2006年から催眠術スクールを開校して、13年目に突入しましたが、カリキュラムは年々進化しています。
積み重ねてきた経験と実績、催眠術を教えることは、どこにも負けないと自信を持っています。
何よりこれまでスクールを受講して頂いた皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。
受講者さんの学びの中での疑問や質問は、カリキュラムを進化させる糧となっています。

 

新たなカリキュラムが誕生しました。

「成功率を上げる属性による催眠誘導法」

 

 

催眠術は誰でも習得できる技術です。

 

当スクールの基礎コースの内容を学んで、そのまま実践練習を積み重ねていけば、習得することができます。
当スクールの習得の基準は、初めて催眠術を体験する人に15分で幻覚を見せる」としています。
本気でやれば3ヶ月で習得ができます。

この基準に達することができたら、その後はじっくり時間をかけてレベルアップをしていきます。
習得は短期でできますが、レベルを上げていくには多少の時間がかかります。
これは催眠術に限らず、どんな世界でも同じですよね。
当スクールでは、レベルの高い催眠術師・催眠心理師になってもらえるよう、納得いくまで通えるシステムにしています。

 

 

レベルを上げていく過程で、多くの受講生が躓いてしまうポイントがあります。
それは誘導していく中で、「ある催眠現象が起こらなかったときに、どう展開していけばいいか分からなくなる」ことです。

これは失敗でもなんでもなく、見極めすることができ、次の誘導に生かすことができるのですが、その時に「次はどう展開していけばいいのか?」分からなくなってしまいます。
確かに私自身も、習得できたぐらいのときは、あまり考えずにとりあえず色んな誘導をして対処していました。
でも、それだと「ハマる」か「ハマらない」かが、運まかせにもなってしまいます。

 

成功率を上げるためには、反応する確率が高い誘導を積み重ねていく」ことがとても重要です。

 

そこで重要なポイントが、

●タイプを見極める
●今、被験者がどういう状態なのかを見極める
●目的と意図をもって誘導する

となります。

 

この新カリキュラムによって、私が経験によって何気にやっていた対処法を、理論的に具体的に説明して練習していきます。
きっと成功率は上がることでしょう。
一度の失敗は気にならなくなるでしょう。

 

このカリキュラムが誕生するキッカケとなった受講者さんに感謝です!

 

【催眠術師養成スクール日程】
【第30期】催眠術師養成スクール(7/7,7/8)   

【イベント・セミナー】
2018年6月23日  【夜の】そうだ!催眠術、学ぼう。
2018年7月  4日(水) 演技力を上げて魅力アップ講座    
2018年7月18日~20日 富士登山(アウトドア部) 

   

催眠術
http://mindcreate.com/
催眠心理療法
http://saiminsinri.com/

コメントを残す

このページの先頭へ