富士登山「登頂編」~山を舐めてはいけません~

やっぱり山を舐めてはいけない!
油断大敵!

 

今年2回目の富士登山に行ってきました。
今回は参加者3名。
コースは前回と同じ「吉田口コース」です。
4回目の富士登山になるので、これが最後と決めていきました。

やっぱり最後は日本一の富士山の山頂でご来光を見たい。
これまで一度も拝むことができず、運に見放されてきました。

 

体調を万全にしていこうと、早く寝ることにしました。
ぐっすり7時間睡眠。
バスの中でも少しだけ仮眠をとって、体力を温存しておきました。
これまでで一番の体調だったと思います。

天気は快晴。
ガイドさんからもお墨付きの登山絶好日。

 

高速道路が混んでいたので、予定より遅くに5合目に到着。
すぐに夕食を食べました。
お弁当にうどん付き。
これでエネルギーも満タンです。

今回はガイド付きのプラン。
以前はフリープランで登頂できたのですが、専門家の知識を知りたいと思いました。
予定より遅くなりましたが、最高のコンディションで18時からいよいよ登山スタート。

順調な登山。
途中の景色も最高で、影富士も見ることができました。
そして8合目の山小屋に、予定よりかなり遅れて23時ぐらいに到着。

この時点での体力メーターは「6」※満タン10
これで仮眠をして回復するので、最高の状態で登頂に挑戦できます。

2時間の仮眠をして1時に起床。
深い眠りはできなかったものの、配られたお弁当も食べて体力メーターは「8」に回復。
寒さ対策もして準備万端。

「さぁ念願の日本一高い場所でご来光を見に行こう!」

山小屋を出ると、一気に気温が下がっています。
しかも、仮眠前までハッキリと夜景が見えていたのが、全く見えなくなっています。

「でも大丈夫。絶対にご来光を見ることができる」

根拠のない自信がありました。

 

登山道は大渋滞。
ご来光の時間帯に一気に登山者が集中するので、少し登っては止まり、また少し登っては止まりの繰り返しです。
しばらくすると、霧状の雨が降ってきました。

「すぐに止むだろう」

雨具を着るスペースもなかったので、そのまま進むことに。

 

ここが運命の分かれ道でした。
この選択が、この後の死闘に繋がるとは思ってもいませんでした。

 

その後も霧状の雨は止むことはありませんでした。
止むどころか、少し強くなってきました。
しばらくすると、ウェアの中に水が染み込んでいる感覚を感じました。

「これ以上はマズイ」

雨具を着れる最適な場所がなかったので、仕方なく斜面のスペース着ることにしました。

「これで大丈夫」

ところが、内に染みた水分が身体を少しずつ冷やしていきます。
さらに、なかなか前に進めなくて身体を動かせず過ぎていく時間が、まるで拷問のようでした。

 

どんどん体力も奪われていき、身体の自由が効かなくなってきましたが、何とか4時半ぐらいに登頂することができました。
この時点のパワーメ―ターは「2」まで下がってしまいました。

「このままでは下山が難しくなる。温かい場所で少しでも体力を回復させよう」

しかし、頂上は人でいっぱい、山小屋も入れず。
集合時間まで40分しかないのに、時間だけが過ぎていきます。

 

そして4時50分頃。
天気が良ければご来光が見える時間です。
でもこの天候で見れないのことは、前回の経験で分かっています。
結局、最後の富士登山でも頂上からのご来光を見ることはできませんでした。
どうやら私は山の神に嫌われているようです。
何の感動もなく、もう写真すら撮る気力はありませんでした。

 

同行者がトイレに行きたいというので、とりあえずトイレだけ済ましておくことに。

「はぁ~暖かい」

臭いよりも先に、暖かいことにようやくホッとできました。
でも人がどんどん入ってくるので、身体が温まる間もなく出なければいけません。
集合時間まで20分。
お店に入ることもできず、風を避けられる場所で待機することしかできません。
その間も身体は冷えていきます。
グローブも濡れて使えなくなりました。

 

休憩するどころか、余計に体力を奪われてしまい、私の体力メーターは「1.5」まで下がってしまいました。
前回登頂したときが「4」でかなりハードだったのに、さらに条件が悪い中で「1.5」

「もしかしたら、今回は無理かもしれない?」

このような思いが頭の中をよぎりました。

5時15分下山スタート。
果たしてどうなるのか?

 

つづく・・・

 

「催眠の力」まもなく開催!
2018年9月1日(土) 催眠の力  IN  KYOTO

 

 

【スクール日程】
【第32期】スパルタ催眠術スクール(9/8,9/9)   

【イベント・セミナー】 
2018年9月1日(土) 催眠の力  IN  KYOTO
2018年9月17日(祝) 演技力を上げて魅力アップ講座
2018年9月22日(土) 催眠術+記憶術 よくばり体験会

 

ライン@ 催眠術習得の秘訣
無料プレゼント中!

 

催眠術
http://mindcreate.com/
催眠心理療法
http://saiminsinri.com/

2 Responses to “富士登山「登頂編」~山を舐めてはいけません~”

コメントを残す

このページの先頭へ