大フィーバーの「心理の館」

「心理の館」無事終了しました。
参加者の皆様、出演者の皆様、スタッフの皆様、会場と料理をセッティングしてくれたジュジュさん、本当にありがとうございました。
大フィーバーの超盛り上がったイベントとなりました。

2018年 3月  3日(土) 心理の館

 

このイベントは、催眠の枠を超えて様々なジャンルを取り入れています。
人生に役立ち人生を変えるためなら何でもあり、という思いで活動しています。
その中で今回は私の中では挑戦でした。

 

「今回の内容は参加者に受け入れてもらえるのだろうか?」

 

●城咲  梁の催眠術ショー

youtubeで有名な催眠術師、城咲梁さんの催眠術ショーです。
ストリートで鍛えた見極め力で、短時間で被験性の高い被験者を舞台に上げていたので、術師を目指す人は参考になったのではないかと思います。
最後は「言葉の力」「言葉の大切さ」をアツく語ってくれました。
ただ人に催眠術を掛けるだけでなく、相手に大切なことを気づいてもらうことを意識しながら体験してもらう。
信念をもって活動することは、本当に素晴らしいことです。

 

●ボンバーハタの落語

マジシャン&催眠術師のボンバーハタさんには、落語を披露してもらいました。
しかも新ネタで、かなりの時間練習したそうです。
そら15分の落語だと、ネタを覚えることはもちろんのこと、動きや表情、間の取り方までやろうと思えば、相当な練習が必要になります。
それでも私の無茶ブリを受けてくれました。

落語は話を聞いて状況をイメージするので催眠誘導のようなものです。
皆さんバッチリイメージできたようで、笑い声が絶えませんでした。

 

●DJ催眠術師アッキーのトランス誘導

プロのミュージシャンでありBARを経営しているアッキーさん。
今回はDJ催眠術師として音楽を鳴らしてもらいました。
変わった方法で催眠状態を深めたいと思い企画しました。
70年代の音楽からディスコ世代、そしてクラブミュージックまでの音楽で皆さん大フィーバー。

20分程して体も温まってから、一人ずつ舞台に上がってもらい数十秒のアピールと思いを叫んでもらいました。
ダンスをする人、マジックをする人、パントマイムをする人、扇子を振り回す人、思いっきり体を動かす人。
いや~ホント皆さん個性的で最高に良かったです!!
アツい思いも伝わりましたよ!!

あれが無意識の解放。
普段なら思考が働いてできないことでも、催眠状態が深まり潜在意識にまかせれば自分の枠なんて簡単に超えることができるのです。

最後は最高の自分の未来をイメージしてもらって終了しました。
あれだけ催眠が深まった状態でのイメージは、強烈に暗示が入っていることでしょう。

 

最後に創心(ソウシン)からのメッセージです。

今回は現象を起こすことを目的とした催眠術ではなく、催眠状態を深めることを目的とした現代催眠がメインの誘導を行いました。
でもあれはオマケみたいなものです。

進行表を忘れるというトラブルはありましたが、私の何気ない話や、いきなり関係のない話をすることが催眠誘導になっているのです。
そして、皆さんの人生・生活がますます良くなる暗示をガンガン入れています。

あのイベントで色んな良い変化が起こっていることでしょう。
そしてこれからも良い変化が起こることでしょう。
一つの変化はまた違う変化を起こし、小さな変化の積み重ねが大きな変化を起こすことでしょう。
そして、あなたの人生・生活はますます良くなっていくことでしょう。

 

 

懇親会は同じ会場で行いました。
貸し切り状態で広々と使えて、ゆっくりと楽しむことができました。
その後は知り合いのBARでティータイム。
あんないい店があるのを忘れていました(笑)
個室で15名ぐらいいけるので、今度から三次会はあそこでやります。

最後までお付き合いして頂いた方ありがとうございました。

 

からの、松屋のカレギュウ1000キロカロリー(笑)
イベントでは皆さんに「カレギュウ催眠」をかけているので、どんな反応が起こるのか楽しみです。
当日に発動した人、今日発動した人、数日経ってから発動する人。
私にはどんな反応が起こるのか分かりませんが、きっと感動することでしょう。

 

おわり

 

【催眠術師養成スクール日程】
 
ただいまキャンペーン中!!
   
【第26期】催眠術師養成スクール(3/10,3/11)   

【イベント・セミナー情報】    
2018年 3月10日(土)    最終回 1日で催眠術満喫セミナー
2018年 3月17日(土) 催眠療法士養成講座「基礎コース」

催眠術
http://mindcreate.com/
催眠心理療法
http://saiminsinri.com/

コメントを残す

このページの先頭へ