催眠状態(トランス状態)の3つの種類

「催眠状態を自分でコントロールできるようになる」

 

これは元々の能力によって、習得期間や深度は変わってきますが、誰でも練習をすればできるようになります。
催眠状態といっても、その性質はいくつかあります。私は、催眠状態を大きく三つの種類に分けています。

①集中性
②イメージ性
③創造性

 

①は、集中力が高まる状態。
②は、よりイメージがしやすい、明確になりやすい状態。

これは、分かりやすいと思います。そして、どちらか一方が高まれば、もう一方も高まり、この二つは非常に似ていて、リンクしやすいものです。

 
 
では、③の創造性の催眠状態とは何なのでしょうか?

 

これは、ヒントやアイデアが出やすく、新たに何かを創りだしやすくなる催眠状態です。三つの中で最も深まった状態だと言えるでしょう。

例えば、パソコンで文章を書くときに、一気に書き上げられるときはないでしょうか?キーボードを叩く手が止まらないぐらいに、どんどん頭の中に文章が沸いてきて書き上げることができる。一方、必死に書こうとして1時間パソコンに向かっていても、100文字程度しか書けないときもあります。私は、毎日のように文章を書いていますが、催眠状態の入り方によって、明らかに違ってきます。創造性の催眠状態に入っているときは、1時間ぐらいはノンストップで書き上げることができます。

私自身、ある程度はこの創造性の催眠状態をコントロールできるようになりましたが、残念ながら必ず入れるわけではありません。そこで、誰でも入れるようになる方法はないか?と自分自身で色々試してきました。

 

シンプルな方法を一つ紹介しておきます。

 

それは、考えなくてもできるような単純作業を20~30分繰り返すことです。私の場合は、ギターで同じフレーズを何度も弾きます。おそらく、もう何千回と弾いているでしょう。最初は、さまざまな思考が働くのですが、しらない間に無になって弾くようになります。そして、その状態になったら、文章を書くのです。そんなに時間がかかるの?と思われるかもしれませんが、同じ時間をかけても、効率の悪い状態と効率の良い状態で行うのでは、全く中身も結果も変わってきます。ですので、30分も無駄にはならないのです。

 

しかも、何度もやっていると、いつの間にかスイッチが強化されて、その時間は少しずつ短縮されていきます。

 

ぜひ、あなたも創造性の催眠状態に入れるようになる、スイッチを作ってみてください。

 

【イベント情報】

●【出版記念】トランス革命体験セミナー(日本催眠心理協会) 2015年6月13日(土)
http://saiminsinri-japan.org/?p=134

●最終回だよ!ヒプノ☆パラダイス 2015年6月20日(土)開催
http://mindcreate.com/?p=164

●「催眠の力」自己催眠・自己改革、催眠術の掛け方セミナー  IN  琵琶湖  2015年7月24、25日
http://mindcreate.com/?p=1221

 

【書籍ご案内】
全国の書店にて発売中!(2刷重版)

「自分に暗示をかけると、いいことが起きる」サンマーク出版
http://www.sunmark.co.jp/book_profile/detail.php?cmn_search_id=978-4-7631-3433-2

978-4-7631-3433-2

コメントを残す

このページの先頭へ