「催眠術・催眠心理」で「独立・開業・副業」

 ネットが発達して個人での活動がやりやすくなり、さらにはAIによって今後明らかに働き方が変わっていく中で「催眠術・催眠療法・催眠心理」で活動を始める人が増えています。催眠に限らず、他の世界・ジャンルにおいても同じことが言えるでしょう。当スクールにおいても、「独立・開業・副業」を目的として学ばれる方が、年々増えています。「副業OK」とする企業が増え、今後ますますその流れは加速していくことでしょう。

その為、そういうニーズにも応えられるように、当スクールの認定講師コースでは新たなカリキュラムと、サポート体制を強化することにしました。これまでは、講座を開く、人に教えられるようになることを目的としたコースだったのですが、さらに2006年から活動を続けてきた私の経験から、収益を上げる方法、集客をする方法も教えてサポートしていきます。

 

 では本題の、「催眠術・催眠心理」「起業・開業・副業」は可能なのでしょうか?
もちろん収益を上げられることが前提ですが、答えは明確に「YES」です。
私が活動を始めたときよりも、催眠が世の中に認知されるようになった現在は、そのハードルは間違いなく低くなっています。
ただし、年商何千万、億を目指す人は、全く違う要素がありますので、ここではあくまで個人活動のレベルとしておきます。

 

 私が催眠を学び始めたのが2003年。本格的に活動を始めたのが2006年。現在に至るまで独立・開業した人を数多くみてきました。これは催眠に限らず、他のセラピーやコーチングと言った同じような世界の人も含みます。その中で、今も続けている人、止めてしまった人、中途半端に続けている人、がいます。おおよそ、3年続く人は30%5年続く人は20%、といったところでしょうか?情報がないだけで続けている人もいるかと思います。

 

 今回の内容は私個人の考え方ではありますが、自分が「催眠術・催眠療法・催眠心理」の世界で、「独立・開業・副業」でやっていけるかどうか?一つの参考にして頂ければと思います。かなり現実的で厳しい内容も含まれています。ハッキリ言えば向いていない人もいるので、今回の内容を見て諦めることも一つの選択だと思います。

 

「実力・内容」と「集客」は別物

 いきなり現実的な話からします。いくら自分の実力や内容に自信があっても、うまくいくとは限りません。活動を続けていくためには収益を上げる必要があります。活動を止めてしまう理由は、ほぼこれだと言えるでしょう。実力・内容」と「集客」は別物です。極端に言えば、実力と内容がなくても、集客ができれば続けることができます。他の人がやっている事をそのままコピーしたものでも、集客ができれば続けることができます。ただし、「集客さえできればそれでいい」という考えで続けていると、その在り方が言動に表れるので、いつか見透かされてしまいます。「経験を積むことが大切」という考え方であれば、私はいいと思います。

どちらにしても、「実力・内容」と「集客」を別で考えて、どちらも結果を出すための活動をしていくことが大切です。

 

副業には超お勧め!

 「独立・開業」するのと、「副業」としてやるのでは大きな違いあります。その違いは「覚悟」「リスク」です。仕事にしてそれで生活するのであれば、相当な覚悟が必要ですし、リスクが伴います。もし、覚悟がないのであれば「独立・開業」はお勧めしません。まずは「副業」として活動をすることをお勧めします。会社を辞めて独立したけど、うまくいかずにまた会社員に戻る、という人もたくさんいました。

いきなり集客ができればいいのですが、現実はそう甘くはありません。どんなに早く結果を出す人でも数ヶ月はかかりますので、まずは「副業」として始めるのが無難でしょう。ただ副業のデメリットもあります。それは切羽詰まっていないので甘えが出てしまうことです。しばらくやってうまくいかないと、その内にテンションが下がってしまい、活動を止めてしまいやすいからです。私の場合は「自分に甘い」性格をよく分かっていたので、副業だとうまくいかないと思っていました。ですので覚悟を決めて、仕事を辞めて独立・開業をしました。さらに、事務所を借りたので、最初の2年はかなりしんどい思いをしました。でも今となっては、そのプレッシャーがさらなる「覚悟」を強めて、エネルギーになったと思います。

副業としては本当に超お勧めです。

理由としては経費がかからないからです。学習代は別として、少額で活動することもできます。セミナー業・講師業・イベント業の最大のメリットと言っていいでしょう。自分の集客力に合わせて、大小の会場を決めることができます。ある程度軌道に乗ってきたら、毎月定期的に数万円程度の収入を得ることは全然可能です。リスクがないので楽しんで活動できるというのもメリットだと思います。

 

「副業」から始めて、「独立・開業」できるかどうかのラインを、私なりの基準で書いておきます。

●イベントなどで、無料で10名、6ヶ月連続、集客ができる
●5万円の収益を6ヶ月間連続で上げられる

「無料で10名でいいの?」「5万円でいいの?」と思われたかもしれません。この数字は目指すところによって変わりますが、重要なのは「6ヶ月連続」という部分です。1、2回なら知り合いを呼べば集められるし、単価を上げておけばさらに高い収益を上げることができるでしょう。でも6ヶ月連続となると一気にハードルが上がります。でも連続するということは、それだけ魅力があり、影響力があり、定着していると判断できます。副業だと時間に制限がありますが、独立・開業すればフルに活動することができます。単純に考えて、収益は数倍になるのです。
ちなみに私の場合、2~3000円のイベントを開催していたのですが、定期的に20名集客できるまでに2年、50名集客するまでに4年かかりました。

 

うまくいく人に共通すること

 うまくいく人には共通することがあります。大きく三つ紹介します。これらすべて当てはまる人もいれば、一つだけの人もいます。一つでも当てはまるものが、うまくいく可能性が高くなるでしょう。

①好きなこと、やりたいこと

「好きこそ物の上手なれ」
大好きなことだからこそ学び続けることができ上達できます。努力を努力だと思わずに楽しんで行動することができます。何よりうまくいかないときでも続けることができます。好きなこと、やりたい事は、それだけで大きなエネルギーになります。

②目的・目標が明確である

 活動をすることが目的となっている人は、なかなかうまくはいきません。そういう人は活動することに満足を感じてしまう傾向にあります。イベントを開催する、ホームページを作成する、SNSで発進するなど。これらをやったからと言って結果が出るわけではありません。あくまでこれらは手段なのです。うまくいく人は、活動することの先に明確な目的・目標があります。「有名になる」「日本最大の催眠イベントにする」「協会を作ってプロデュースする」など。催眠の視点から言っても「うまくいくことが前提」となっているので、結果が出やすいのです。

「お金儲け」を明確な目的にしている人もうまくいきやすいです。本音の気持ちを素直に出すことは、大きなエネルギーとなります。よくあるのが「人のため」「人を幸せにするため」に活動していると言って、結果を出せないまま止める人がいます。本音ならとても素晴らしいと思いますが、それなら活動を続けられるはずです。でも活動を止めてしまうのであれば、本音は違うところにあったのかもしれません。本音が「お金をかせいで好きな物を買いたい」のであれば、それを正直に受け入れたほうが結果は出やすくなるでしょう。

③他の世界で結果を出している

 これが一番うまくいきやすい人だと言えます。他の世界で結果を出している人は、うまくいくための「在り方」「考え方」「ポイント」を経験によって知っています。営業で結果を出している人なら集客もできるでしょうし、うまくいく仕組みを作ることができるでしょうし、うまくいく為には何が必要なのかを理解しています。全く違う世界であっても、基本は同じだったり、共通する部分がたくさんあるものです。

 

 もう一つ追加しておきます。
これは真似できるものではないので、参考にはならないかもしれません。うまくいく人の中でも限られていますが、能力が高い」「華がある」人です。どんな世界にも魅力的な人は存在するものです。生まれ持った要素もありますが、努力によってこれらを高めていくことはできます。

私の場合は、①が強く当てはまります。
というより、催眠愛が強すぎて引かれるぐらいでした。

 

結果を出すためにやるべきこと

 ここまでシビアな内容だったので、落ち込んだり、「自分には向いていない」と思った人もいるかもしれませんが、私の目的は「YES」か「NO」を判断してもらうことではありません。私は2006年から活動を始めて、現在まで続けることができていますが、何も特別な能力やセンスがあったわけではありませんし、特別なことをやってきたわけではありません。ただ「やべきことをやってきた」だけです。活動を止めた人でも、私よりよっぽど能力とセンスがあった人もたくさんいました。だからこそ「ある程度軌道に乗せることは誰でもできる」と心から思います。

それができないとすれば、「やるべきことをやっていない」ことが原因であると明確に言えます。あと「やらない方がいいことをやっている」というものあるかと思います。じゃあ、「一体どうすれば結果を出すことができるのか?」をいくつか紹介します。

 

①発信しつづける

 まずは最も重要なことからです。発信しつづけてください。これなくして結果は出せないと言っても過言ではありません。ブログ・SNS・ホームページなど、無料で発信できるツールがたくさんあるのですから使わない手はありません。「どれぐらいの頻度で?」と言われたら、特に活動初期は毎日」です。でもこれをやっていない人が、あまりにも多いと感じます。それぐらいの努力もできないのであれば、結果を出せないのは当然だとも思います。本当は読者に有益な情報を発信するのがベストですが、日常の何気ないことでも毎日発信することの方が大事だと思います。

では、なぜ発信しつづけることが大事なのか?それは出来る限り多くの人に、あなたの活動を認知してもらうことが大切だからです。それは発信の内容もそうですが、発信の数によって変わります。あなたの発信のどんなところに反応するかは人によって違います。あなたが「こんな内容でいいのかな?」と思っていても、人からしたら興味を引くことがあります。だからこそ、どんな内容であっても発信することに意味があるのです。

あなたの刺激によって相手は何らかの反応をします。でもあなたが刺激を与えなければ相手は反応のしようがありません。これはセールスでも恋愛でも同じことが言えます。

 

できれば内容は次の優先順位にするといいでしょう。

①専門性・有益な情報(出し惜しみはNG)
②人柄・人間性(日常の何気ない内容でも伝わります)
③日常の話を専門性につなげる
④宣伝・告知

それぞれ目的が違います。

①で読者を増やす
②でこの人に会ってみたいと思ってもらう
③で応用力をみてもらう

それらがあって④に反応してもらうことができると思ってください。④ばかりの内容だと、数回は見てもらえるかもしれませんが、その内に見向きもされなくなってしまいます。ここからさらに、SEO対策やSNSの仕組みを理解すれば、反応を加速させることができます。

②柱を明確にする、太い柱を作る

 メニューを増やしすぎると、調べる人からすると何をやっているのか分からなくなってしまいます。例えば、「催眠」と「コーチング」と「ヒーリング」というように、自分ができることを一緒にやってしまうのです。まずは自分が一番やりたいことを柱にして、その柱を太くしていくことに力を注ぎましょう。調べている人からしても分かりやすいですし、それが強みになります。一本太い柱を立ててから他のメニューを加えていけば、それも強みになり武器になります。

③イベントを定期的に継続して開催する

 高額なスクールをやる場合、いきなり申し込んでもらえるかというと少し難しいでしょう。興味はあっても知らない人から学ぶことは不安に思うものです。でもイベントなら気軽に参加することができます。そして直接会ことによって、どんなことをやっているか?どんな人なのか?を知ってもらうことができます。そこでさらに興味を持ってもらうことができれば、高額なスクールを受講してもらいやすくなります。私の場合は、ホームページを見て直接申込みをして頂く場合が多いのですが、これは長年ホームページを強化してきたからです。あとは長年の実績があるので、安心感を与えていることもあるでしょう。

そして重要なのが、そのイベントを定期的に継続して開催することです。イベントは開催できても集客ができるとは限りません。「誰も来なかった」ということもあり得るでしょう。ちなみに私が初めてイベントを開催したときは、4名の参加でした。その内知り合いが2名。よくあるのが、数回イベントを開催して集客がうまくいかないと、そのイベントを止めてしまう人がいます。初めてイベントを開催するときは「やろう!」という意気込みが強いのですが、うまくいかないまま止めてしまうと、次に開催しようとしたとき、不安などのネガティブな感情が沸いてきて、踏み出せない人もいます。前述したように、私はイベントで20名になるまでに2年程かかりました。50名になるまでに4年程かかりました。集客とはそういうものなのです。集客テクニックを学んでいる人は、そのスピードがもっと早くなります。

うまく集客できなかったとしても、続ける覚悟でイベントを開催しましょう。定期的に開催していれば認知されるようになりますし、イベントを知ってから時間を空けて参加してくれる人もたくさんいます。「2年前からイベントに興味があったのですが、今回思い切って参加しました」なんて人も、私のイベントではたくさんいました。私の場合は、「偶数月の第3土曜日」に開催日を決めていました。これも認知されやすい一つのやり方ですし、予定を空けやすいのでリピート率が上がります。

④人と組まずに一人でやる、孤独になれ

 これに関しては、私の個人的な考えが強いかもしれません。新しいことを始めるとき、一人でやるのは不安になるものです。そこでその不安を解消するために、誰かと一緒に活動を始める人がいます。これが影響力がある人と組む、その人の活動に入れてもらうのであれば、それはとても良いことです。なぜなら、その人のステージに一気に上がれるチャンスだからです。あなたがメインで誰かに協力してもらう形であっても良いでしょう。ここでは、結果を出していない人同士が対等で組むことです。なぜよくないかというと、責任が分散してしまい、そのうち意見が割れてしまうからです。飲食店などで共同経営が失敗しやすいのも、これと同じ理由です。私も違うことで一緒に活動をしたことが何度かありますが、すべてうまくいきませんでした。

 

孤独になって活動をしましょう。すべて自分が判断して、決断をする。うまくいくときも、いかないときも、すべての自分の責任。そう意識して活動することで、自分自身を成長させていくことができます。でも活動を続けていたら孤独にはなりません。協力してくれる人が現れますし、力を貸してくれます。一人でできることなんて限られています。人の協力なくして続けることはできないのです。

⑤自己成長こそが継続するカギ

 長年活動してきて強く思うことがあります、それは「活動をすることによって一番学んで成長しているのは自分自身である」ということです。今の自分から活動を始めた頃の自分を見ると、「なんて小さな人間だったんだろう」と思います。まだまだ器が小さいとは思いますが、それでも大きく成長できました。こういう活動は人と人との繋がりで成り立つものです。そして人はあなたの人間力を観察して見極めをしています。あなたが成長すればするほど、良い人が集まってくることでしょう。だからこそ、正直に正面から活動をしていってください。

 

 

 最後に、シビアな話もしてきましたが、結論は、「催眠術・催眠療法・催眠心理」の世界で、「独立・開業・副業」でやっていける、です。
何一つ難しいことは書いていません。テクニック的なことよりも、在り方や考え方、そして継続することが大事だということです。

 

もし、あなたがこの世界に魅力を感じているのであれば、ぜひ一歩を踏み出してみてください。

 

お勧め記事!ぜひ読んでください

催眠術取扱説明書「心構え」と「トラブル回避とトラブル処理」

なぜ催眠療法士は催眠術を習得したほうがいいのか?

 

 

催眠術
http://mindcreate.com/
催眠心理療法
http://saiminsinri.com/

One Response to “「催眠術・催眠心理」で「独立・開業・副業」”

コメントを残す

このページの先頭へ