「催眠の力」無事終了しました

9月16日開催の「催眠の力」無事終了しました。
参加者の皆様、出演者の皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

今回のテーマは「至極のテクニック」

様々な視点から催眠の世界を見て、学んで頂きました。
人それぞれ、イベントに参加した目的や目標は違いますが、
このイベントが皆様の人生・生活がより良くなるきっかけになれば嬉しく思います。

 

【今回の出演者】※出演順、敬称略、中井の見どころ

●Birdie「人の感情を最大に動かす心理テクニック」

人を楽しませる、人に感動を与える。
Birdieさんは、エンターティナーとして、このことを追求されてきました。

実はこれって、とても難しいことです。
催眠術であれば、ただ単に催眠現象を見せるだけではショーとして成り立ちません。
どのように見せて、どのような流れで見せるかによって、見る側の感情は変わります。

その為にはストーリーや流れ、どこまでがリアルに感じるかを演者は考えて見極めをすることがとても重要です。

もうすでに、Birdieさんの感動のストーリーが最初から始まっていたことに気づかれたでしょうか?

 

●中井 英史「催眠心理療法であがり症改善」

ブリーフセラピーと催眠を融合させた催眠心理療法を行いました。
今回紹介したブリーフセラピーは、セラピーにもコーチングにも使うことができます。
シンプルでありながら、解決のためのヒントや答えを見つけやすく、催眠との相性は抜群です。

実際に、短時間で緊張の度合いを下げることができました。
ブリーフセラピーそのものだけでなく、私が発した一言一言が暗示として入っています。
あの短時間のセラピーに「セラピーの極意」も入っているのです。

お配りしたテキストを埋め尽くしたとき、きっと解決するための、目標を達成するためのヒントや答えが見つかることでしょう。

 

●ボンバー・ハタ「なぜ催眠術に掛からないのか?」

「なぜ催眠術に掛からないのか?」というテーマでしたが、私自身は催眠術を習得するために、最も大切なことを伝えていると感じました。

毎日のように自身が経営しているマジックバーで、催眠術とマジックをやっているボンバーさん。
マジックは100%現象を起こせますが、催眠術はそうではありません。
それは「催眠術に掛かる定義」でお話されました。
「誰でも掛けることができる」というのはその人の定義であり、威光を高めるテクニックにすぎません。

今回、ボンバーさんは「失敗してもいいんだよ」ということを伝えたかったのだと思います。
失敗することがダメなのではなく、失敗を恐れて行動しないことがダメなのです。
失敗することで気づくこともありますし、得られることもあります。
そうして人は色んなことに気づき、学びながら成長していくのです。

 

●南 裕「超・催眠術の掛け方!」

自分が「神」であると本質的に理解できたとき、あなたの人生・生活は全く違うものになるかもしれません?

南先生の世界はある人が見れば、独特であると感じるかもしれません。
しかしながら、看板が違うだけであって、自分がより良く生きていくための本質的な内容をお話されています。
「自分が神である」というのは、自分を中心に世界を広げていくことである、と私自身は理解しました。
それは、自分勝手にということではなく、周りの環境や人に左右されることなく「もっと自由に生きていいんだよ」というメッセージだったように思います。

これこそが「超・催眠術」
エンターテインメントとしての現象だけでなく、自分に生かすことのできる催眠術。
高度な誘導だけでなく、人生・生活に生かすことのできる催眠術。

催眠で色んなことができますが、本当に価値ある生かし方なのかもしれません。

 

 

マインド・クリエイトでは、今後も催眠術の枠を超えて、人生に役立つ催眠をお届けしていきます。

 

【特典企画について】

「催眠の力」に参加して頂いた方限定の特典企画をご用意しています。
琵琶湖を見下ろせる別荘地で、日常を忘れてお楽しみください。

■集合場所・時間
JR湖西線 近江今津駅 西口ロータリー 14:40集合

※申込みは9月28日(木)まで

「催眠の力」特典企画

 

【イベント・セミナー情報】    
2017年10月1日(日) 「催眠の力」おもしろ特典企画
2017年10月14日(土)  第75回 1日で催眠術満喫セミナー

【アウトドア部】      
2017年10月2日(月)  琵琶湖バレイ登山

【催眠術師養成スクール日程】
 
ただいまキャンペーン中!!
   
【第21期】催眠術師養成スクール(10/14、10/15)    

催眠術
http://mindcreate.com/
催眠心理療法
http://saiminsinri.com/

コメントを残す

このページの先頭へ