「パシリ」と「セクハラ」は同じだった

くだらない事を考えるのが好きなわたし。
今回もそんなお話。

 

クラブ帰りの集団がいました。
先輩らしき人物が後輩らしき人物に「〇〇買ってきて」と命令していました。
後輩は「はい、分かりました」とお店に走っていきました。
体育会系らしいパシリの光景だと思いました。

 

ふと、自分が買い物を頼んでいるのはどうなの?と思いました。
あれってパシリをさせていたの?

 

 

ガソリンスタンドでバイトをしていたとき、社員によくコンビニに買い物を頼まれていました。

 

ある人は「お前も何か好きなの買ってこい」と言ってお金を渡されました。
別に嫌な気分にもならず「ラッキー」と思っていました。

ある人はセコくて、買い物だけ行かされました。
面倒くさいと思っていたし、その人が好きではありませんでした。

ある人は「行ってきましょうか?」と私からすすんで買いに行きました。
見返りを求めていたのではなく、その人には車の購入から手続きでお世話になっていたし、バイト終わりによく飯を奢ってもらっていたので、何かお返しをしたいと思っていました。
色んな遊びも教えてもらい、その人のことが好きでした。

 

パシリの基準って曖昧ですが、私の中では二人目の社員だけがパシリでした。

 

 

私もたまに人に買い物を頼むときがあります。
相手から「私が行きますよ」と言ってくれるときもあれば、手が空かなくて私の方からお願いをするときがあります。
そう考えると、自分ではそう思ってなくても「パシリをさせられている」と思われていることもあるのかな?と思いました。

 

 

考えてみると、セクハラも同じようなものです。
セクハラかどうかは「何をされるかではなく誰にされるか」です。
同じ行為であっても、受け取る人の感情は誰にされたかによって変わります。
どんな些細な言葉でも小さな行為でも、本人がネガティブに感じたらセクハラになります。
「今日もキレイだね」という一言でも、本人が「嬉しい」と思えば人を幸せにする言葉、「このクソオヤジ!キモイ!!」と思われたらセクハラなのです。

 

 

買い物も誰に頼まれるか、どのように頼まれるかによって、パシリかどうかが変わります。
さすがに嫌われてはいないと思いますが、今後は気を付けようと思いました。

 

 

超短期で催眠術を習得したい方にお勧め!
2018年 4月7日、8日  スパルタ催眠術合宿【琵琶湖】    

【催眠術師養成スクール日程】
【第28期】催眠術師養成スクール(5/5,5/6)   
  

催眠術
http://mindcreate.com/
催眠心理療法
http://saiminsinri.com/

コメントを残す

このページの先頭へ